『アントマン』【まとめ】身長1.5cmで戦う“最小ヒーロー”!?

『アントマン』【まとめ】身長1.5cmで戦う“最小ヒーロー”!?

体のサイズを変えて戦うヒーロー“アントマン”を主人公としたシリーズ第1弾。

『アントマン』

『アントマン』

この映画は、マーベル・シネマティック・ユニバース(以下、MCU)第12作品目として、2015年に公開されました。

この記事では、映画『アントマン』について、そして関連する記事をまとめました。

【“アントマン”とは?】

まずは、今作の主人公“アントマン”について簡単に。

スコット・ラング扮する“アントマン”は、特殊なスーツの機能により、上にも書いた通り、体のサイズを自在に変えることができるヒーロー

それでいて、小さくなっても成人男性以上のパワーを発揮するので、小さなパンチでも普通に相手を吹っ飛ばせるのです。

さらに、名前の由来でもあり大きな特徴となるのが、特殊な電波を発する機器で行う“アリとの意思疎通”。

アントマンとアリ

なんだそれ、と鼻で笑ってしまうかもしれませんが、これがすごいんですよ!

例えば、“空飛ぶアリ”は高い場所へ連れて行ってくれたり、“電気を伝えるアリ”は機械をショートさせたり、“強靭なあごをもったアリ”は敵に噛みついて攻撃したりなど、アントマンの前に立ちはだかる困難を乗り越えるサポートをしてくれるのです。

とはいえ、ポップな見た目ではなくリアルに表現されたアリがたくさん登場するわけですが、そこは心配ご無用。この作品に登場するのは愛嬌のあるアリたちばかりなので、気持ち悪さは一切感じません!

【あらすじ】

今作の物語で重要な人物となるのが、分子の距離間を変えられる特殊な粒子≪ピム粒子≫を発見し、アントマンのスーツを開発した“ハンク・ピム博士”

世紀の大発見をした彼ですが、科学の常識をも超えるピム粒子が現実世界に及ぼす影響が甚大な被害を生む結果になることを懸念し、この事実を公にはせず、ごくわずかな人物にしか明かしていなかったのです。

それは、かつての一番弟子“ダレン・クロス”にすら話していない程。

しかし、師匠の隠し事に気付いていたクロスは、何年ものあいだ、独自に研究を重ね、ついにピム粒子を発見。そしてクロスは、ピム粒子を利用した新たなスーツ“イエロージャケット”を開発し、軍事目的に販売して多額の資金を集めようと企むのです。

ハンク・ピムとクロス

これに気付いたハンク・ピム博士ですが、かつては自身がスーツをまとい“アントマン”として活動していたものの、年の老いと長年のスーツ利用による副作用で体に悪影響が出ていて、もうスーツを着ることはできません。

そんなハンク・ピム博士が希望を託すのが、今作の主人公“スコット・ラング”。彼の、どんなセキュリティーもあっさり突破する潜入能力の高さから、アントマンスーツを使って“イエロージャケット”を奪ってきて欲しい、と頼むのです。

スコット・ラング

しかし、この男、ある事件をきっかけに家族にも見放された、無職のダメ人間。嫌なことに巻き込まれたくない一心から、一度は断ろうとするも、たった一人の娘の立派な父親となる為に、ヒーロー“アントマン”となってクロスに立ち向かう決意をする、という物語になっています。

【スタッフ/キャスト】

今作の監督はこの人!

今作で監督を務めたのは、『イエスマン “YES”は人生のパスワード』(2008)などコメディ映画で高い評価を得るペイトン・リード

ペイトン・リード

もともと今作は、最近公開して大ヒットした『ベイビー・ドライバー』(2017)のエドガー・ライト監督が今作を担当するも、スタジオとの意見の相違によって降板、ペイトン・リード監督が引き受ける、という経緯がありました。

初期の製作から携わっていたエドガー・ライト監督に信頼を寄せていた今作のヒロイン、ホープ役のエヴァンジェリン・リリーは、彼の降板から自身も作品から手を引くことを決意。しかし、ペイトン・リードによる新たな脚本でその気持ちは変わり、エドガー・ライト監督に敬意を示しつつ再登板することを決断した、という逸話があるとか。

公開後、ペイトン・リード監督による今作は多くの人から絶賛の声が上がり、次回作の『アントマン&ワスプ』(2018)も引き続き続投することが発表されています。

注目のキャスト!

今作の主人公“スコット・ラング(アントマン)”を務めるのは、こちらもコメディ作品などの演技に高い支持があるポール・ラッド。ヒロインのホープ・ヴァン・ダインには、『ホビット』シリーズなどで有名なエヴァンジェリン・リリー

そして主人公をヒーローへ導く存在となるハンク・ピム博士には、アカデミー主演男優賞を受賞した名優マイケル・ダグラス。その他にも、『オデッセイ』(2016)マイケル・ペーニャ、『ジュラシック・ワールド』(2015)ジュディ・グリアなど、有名作品のキャストが多数出演しています。

『アントマン』

『アントマン』カテゴリの最新記事