魅惑の人工皮膚専門家『ヘレン・チョ』を演じる“キム・スヒョン”とは?

魅惑の人工皮膚専門家『ヘレン・チョ』を演じる“キム・スヒョン”とは?

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)にて初登場し、短い出演シーンでありながらも多くの人を魅了したのが人工皮膚の専門家“ヘレン・チョ博士”

そんな彼女を演じるのは、大作の出演が続く今最もハリウッドで活躍する韓国人女“キム・スヒョン”

キム・スヒョン

人工生成による皮膚研究の第一人者であり、女好きのトニーも見過ごせないほどの美貌を兼ね備えた、魅惑の専門家役を見事に演じていましたね!

この記事では、あの大物ヒーローとも繋がっている重要なキャラクター“ヘレン・チョ”について、そして演じる“キム・スヒョン”について書いています!

人工皮膚の専門家“ヘレン・チョ”

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)で、ハルクことブルース・バナー博士の友人としてアベンジャーズの前に、初登場した人工皮膚の専門家“ヘレン・チョ博士”。

ヘレン・チョ

人工皮膚の権威として世界的に有名で、大物と会う機会が多いのか、口説かれることが多いのか、アベンジャーズのヒーローを前にしても毅然とした態度で接していましたね。

しかし、トニーにアベンジャーズや著名人があつまるパーティーに誘われた際、「それって、ソーもくるの?」と興味がある表情を浮かべていたのは印象的。他の惑星からきた人物としての興味か、あるいは単純に…(笑)。

その後、トニー指導による平和維持計画の一環で制作していたAIの暴走によって誕生したウルトロン。より強力な肉体へと移り変わるウルトロンが、完全体の肉体を手に入れるためにヘレン・チョ博士による人工皮膚に注目するのです。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)

ウルトロンに協力していたスカーレット・ウィッチの能力で洗脳されたヘレン・チョ博士は、ウルトロンが集めた希少金属ヴィブラニウムを使って人工細胞による肉体“クレードル”を完成させてしまいます。

しかし、ウルトロンはクレードルに入り込もうとするも、アベンジャーズに阻止され、トニーの相棒であるAI(JARVIS)をインストールしたことで新たに誕生したヒーローが“ヴィジョン”でした。

現在アベンジャーズの一員としても活躍しているヴィジョンの誕生に、大きく関わっていたヘレン・チョ博士ですが、今後の作品に登場する予定は現在のところ(2018年1月現在)ありません。

しかし、初期の頃のキャストが最新作に復帰することなどMCUにはよくあることなので、再登場の可能性は十分にあるはず。ぜひ、期待したいですね!

ハリウッド注目の韓国女優“キム・スヒョン”

ドラマなどを中心に活躍している、1985年1月25日生まれの韓国女優“キム・スヒョン”

2005年に開催された、韓中スーパーモデル選抜大会で優勝したことをきっかけに芸能界デビューし、その後韓国で有名な数々のドラマに出演して、演技キャリアを着々と積んできました。

そして、満を持して映画デビューとなったのがご存知、全世界が注目する超大作の続編『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)

初めての映画出演作品が、いきなりハリウッドど真ん中の作品で、超大物俳優たちとの共演は、さすがにやばいですよね(笑)

幼少期アメリカに住んでいた経験から、ネイティブな発音を得意とする流暢な英語が、大抜擢された大きな理由だと言われています。

今作で一気に知名度を世界へと広げたキム・スヒョンは、『マイティ・ソー』シリーズ“ヘイムダル”役でお馴染みのイドリス・エルバ主演『ダーク・タワー』(2018)に出演。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

そして、エディ・レッドメイン主演の大ヒットシリーズ続編『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(2018)に出演することも発表されています!

次々と世界的なシリーズに出演するキム・スヒョン。今後最もハリウッドで活躍する韓国人女優の一人になる日も近いかもしれませんね!

キム・スヒョン

俳優紹介カテゴリの最新記事