魅惑の魔女ヒーロー“スカーレット・ウィッチ”と、演じる“エリザベス・オルセン”について

魅惑の魔女ヒーロー“スカーレット・ウィッチ”と、演じる“エリザベス・オルセン”について

私は、ブラック・ウィドウよりスカーレット・ウィッチ派!!

どうも、見習いジェダイです。

屈強な男たちが揃うアベンジャーズの中で、圧倒的なパワーを誇る魔術で肩を並べる“スカーレット・ウィッチ”

スカーレット・ウィッチ

アベンジャーズの中でも人気高いキャラクターですよね。今回は、この“スカーレット・ウィッチ”と、演じる“エリザベス・オルセン”について色々と調べてみました。

え、私ですか?もちろん、大好きです!!!(笑)

この記事では、魅惑の魔女ヒーロー“スカーレット・ウィッチ”と、演じるエリザベス・オルセンの情報をまとめました!

魅惑の魔女ヒーロー“スカーレット・ウィッチ”

スカーレット・ウィッチ2

“スカーレット・ウィッチ”はこんなヒーロー!

スカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフは、“マインドコントロール”と“テレキネシス”を得意とする元ソコヴィア人のスーパーヒーローです。

相手につらい過去や苦悩を思い起こさせる幻覚をみせる“マインドコントロール”は、たった一人でアベンジャーズを翻弄するほど強力なパワーを持っています。

その上、物体を動かしたりする“テレキネシス”まで持っているので、アベンジャーズの中でも最強クラスのパワーを彼女は秘めているわけです。

ただ年齢が若いことや、能力を得てから日も浅いことから、上手く力をコントロール出来てないことが、弱点でもあり、危険な部分でもあります。

ワンダとピエトロ

また、ワンダには唯一の家族である、双子のピエトロ・マキシモフ(クイックシルバー)がいて、彼もまた特殊能力を持っています。

スタークへの復讐心で特殊能力を覚醒

幼い頃、戦争に巻き込まれる形で両親を失い、自身も双子のピエトロと共に、いつ爆発するかわからない不発弾に怯え、地獄のような二日間を過ごす経験をしました。

スタークと書かれた不発弾の出来事をきっかけに、かつて兵器を制作をしていた企業の代表を務めるスターク(アイアンマン)へ、強い憎しみを持ったまま成長したワンダは、弟と共に違法な人体実験に自ら志願します。

脳裏に焼きつくスタークへの強い復讐心で、過酷な人体実験を乗り越えたワンダは、弟と共に特殊能力に目覚めるわけです。

ヒーローになることを決意

スタークがアイアンマンとして参加していたアベンジャーズを破壊すべく、同じ目的を持っていた“ウルトロン”と手を組み、アベンジャーズと対峙します。

しかし、ウルトロンの本当の目的がアベンジャーズを破壊した先にある平和ではなく、人類滅亡だったことがわかり、自身もそれに加担していたことに気付きます。

そして自分の過ちを悔いたワンダは、ウルトロンによって危機にさらされていたソコヴィアの人々を助けるべく、ホークアイに誘われる形でヒーローとして活動することを決意し、アベンジャーズに参加することになりました。

この出来事以降、自分を導いてくれたホークアイとは、アベンジャーズの中でも特に強い絆を結ぶ関係になっていきました。

暴走するともっとも危険なキャラクター

アベンジャーズと共に、ウルトロンから市民を守る戦いの中、ピエトロがやられてしまったことを知ると、制御が効かなくなった能力“テレキネシス”が大暴走してしまいます。

その後『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』では、自身の能力によって無関係な市民に危害を加えしまう事件を起こしてしまいます。

もともと強力なパワーを持つ能力であるがゆえに、自身でもコントロールできていない部分が多いことで、苦悩することが多いキャラクターなんですよね。

“スカーレット・ウィッチ”の登場作品

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015)

人類滅亡を狙うAIロボット“ウルトロン”との戦いを描いた『アベンジャーズ』シリーズ第2弾で、スカーレット・ウィッチの初登場作品

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

ヒドラ残党らによる違法な人体実験によって、特殊能力に目覚めたスカーレット・ウィッチが、双子のピエトロと共に、ウルトロンと手を組みアベンジャーズを翻弄する立場で登場しました。

今作では、過去の生い立ち、双子のピエトロの存在、そしてヒーローとなるまでの活躍を描いていて、いわゆるスカーレット・ウィッチの“オリジンストーリー”としてすごく重要な作品

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016)

人助けをする一方で、同時に街に被害も生んできたアベンジャーズを見過ごすことができなくなった政府が、アベンジャーズを管理下に入る協定を作り、それに賛成派と反対派に分かれて仲間同士の大きな争いとなった『キャプテン・アメリカ』シリーズ第3弾。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

スカーレット・ウィッチは、自分を信じてくれるキャプテン・アメリカ率いる反対派に参加し、アイアンマン率いる賛成派と対立する立場で登場。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』から一年後が舞台ということで、アベンジャーズの仲間達と少しずつ打ち解け合うも、ある事件をきっかけに自分の能力に苦悩する姿が描かれていました

これから登場する作品は?

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018)

史上最強の敵“サノス”の登場によって、地球が大きな危機を迎える『アベンジャーズ』シリーズ第三弾。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の出来事でバラバラになっていたアベンジャーズのメンバーや、新たなヒーローも加わり、過去最大規模で描かれる総決戦に、もちろんスカーレット・ウィッチの登場も明らかになっています。

しかも、予告ではヴィジョンとの関係が気になる場面も!!!

様々な苦悩を抱えてきたスカーレット・ウィッチは、今作でどのように活躍するのか!?

“スカーレット・ウィッチ”のここがいいんだよ!

もっとも、未完成なヒーロー

「スカーレット・ウィッチのどこが好き?」と聞かれたら、私がまず答えるのがこちら!

アイアンマンや、キャプテン・アメリカなど強い信念のもと、自身の力を最大限発揮するヒーローもいれば、自分のキャパを能力が越えてしまうヒーローもいます。

スパイダーマンなどは、まさにここに当てはまりますよね。自分の力の使い方に苦悩するヒーロー達です。

スパイダーマン

ある日突然、大きな力を手に入れるわけですから。それによって苦悩する姿は、人間味あふれるヒーローとしてすごく共感してしまいますよね。

「弱い人達を守りたい」と思いながら、自身の能力の使い方から、ヒーローとしてどうあるべきか、苦悩しながら成長していく“未完成なヒーロー”が、スカーレット・ウィッチの最大の魅力かなと。

華麗な手の動きで発動する魔術

スカーレット・ウィッチの大きな特徴が、“テレキネシス”や“マインドコントロール”などの魔術。

魔術を使うワンダ

重い物体も持ち上げるほど強力な能力ですが、この能力を発動する時の手の動きが、めちゃくちゃ美しいですよ!!(一度くらい、幻影をくらいたい)

ドクター・ストレンジにも言えますが、やっぱり魔術師系ヒーローたちの能力を発動する時の手の動き、他の作品にはない独特さを追求していて、すごくこだわっている感じが好きですね。

今後の気になるポイント!

自分の能力をどれだけ駆使できるようになるのか

圧倒的な能力を持つ部分がスカーレット・ウィッチの長所であり、上にも書いた通り、自身でコントロールできなくなる時がある部分が大きな短所となるキャラクター

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』では、仲間たちとの連係プレーを披露するほど、だいぶコントロールできるようになりましたが、まだまだ不安定な部分は多いですよね。

今後の作品で、自分の能力を完全にコントロールできるようになるのか。はたまた、人類にとって危険な存在になってしまうのか。スカーレット・ウィッチの行く末が、気になるところですね。

ヴィジョンとの関係

そして気になると言えば、同じくアベンジャーズのメンバーである“ヴィジョン”との関係

ヴィジョンとワンダ

ご存知の方も多いと思いますが、コミックではこの2人、結婚して子供までいるんですよ。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で監督を務めたアンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソの2人も、コミックでの2人の関係を引き継いでいることを明かしていましたし、実際に劇中でもその関係を匂わす場面がいくつかありましたよね。

現在公開されている『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の予告でも、その関係が発展している雰囲気がありますが、はたしてコミックの通りにいくのか。2人の今後の関係には目が離せないですね!

スター3姉妹の末っ子“エリザベス・オルセン”

『アベンジャーズ』シリーズなどで大活躍するスカーレット・ウィッチを演じるのは、世界のファッション業界で大活躍しているオルセン姉妹を姉に持つエリザベス・オルセン。

エリザベス・オルセン

“エリザベス・オルセン”のプロフィール

◆生年月日:1989年2月16日
◆出身地:アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
◆代表作品:『マーサ、あるいはマーシー・メイ』,『GODZILLA ゴジラ』

『フルハウス』の大人気キャラクターを演じたことで、大ブレイクしていた姉たちを追うかのように、4歳から演技を始めていたエリザベス・オルセン。

16歳の時にロシアン・シアターで学び、舞台『インプレッショニズム』などに出演。そして、映画デビュー作となった『サイレント・ハウス』と『マーサ、あるいはマーシー・メイ』での繊細な演技力が多くの人に注目され、数々の賞を受賞しました。

その後、出演した『GODZILLA ゴジラ』で若手女優の中で頭角を現し、ご存知“スカーレット・ウィッチ”役で出演した『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』でハリウッドスターの仲間入りを果たしました。

“エリザベス・オルセン”小ネタ情報!

“クイックシルバー”との関係は、姉たちを参考に?

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』では、双子のクイックシルバーと共にアベンジャーズを翻弄する立場で登場したスカーレット・ウィッチ。

この双子は、過酷な過去を2人で必死に生き抜いた過去もあり、時に必要以上に守ろうとする場面もあったり、過保護なくらいの距離感でした。

そんな2人の関係についてオルセンは、すごく仲のいい双子の姉2人の関係をイメージしたのだとか。

世界的にもスーパースターの姉2人をすごく尊敬しているオルセンですが、彼女たちみたいに世界的なファッションアイコンになる気はないらしく、女優の道を突き進む事も明かしていました。

MCUのビックスターとの交際報道!?

アイアンマン役のロバート・ダウニー・Jrや、キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスなど、ハリウッドのトップスターとと共に大活躍中のオルセンですが、過去にはその一人との熱愛報道がありました。

その一人とは、『マイティ・ソー』シリーズで大活躍しているロキ演じる“トム・ヒドルストン”

なんでも、若くして命を落としてしまった伝説のカントリーシンガー役を演じたトム・ヒドルストン主演『アイ・ソー・ザ・ライト』で、オルセンは夫婦役を演じたことをきっかけに交際へ発展したのだとか。

実際のところ、この報道は噂レベルで、現在オルセンはアメリカを中心に活躍中のマイロ・グリーンのメンバー“ロビー・アーネット”との熱愛が報じられていることから、仮に付き合っていたならば現在2人の関係は終わっている可能性が高いです。

ちなみに、意外にもMCU作品ではまだ未共演のお2人さん。色んな意味で、2人の演じるキャラクターが初共演する『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が楽しみですね(笑)。

俳優紹介カテゴリの最新記事