『ワンダーウーマン(2017)』記事まとめ

『ワンダーウーマン(2017)』記事まとめ

この記事で情報まとめる作品はこちら!

『ワンダーウーマン』出典:http://www.imdb.com/title/tt0451279/mediaviewer/rm3038196736

『ワンダーウーマン』

全世界で大ヒットを飛ばし、日本では2017年8月25日に公開されるこちら。

スーパーマンとバットマンが大喧嘩した『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にて、初登場したワンダーウーマンを主役にした物語で、“DCエクステンデッド・ユニバース(以下、DCEU)”作品第3弾となります。

この記事では、『ワンダーウーマン』について公開された情報をまとめていますので、ぜひご参考に!(情報は随時追加していきます)

あらすじについて

女性だけの島(セミスキラ)で育った、アマゾン族のプリンセス“ダイアナ”。

幼い頃から強い戦士に憧れていたダイアナは、ある日セミスキラに不時着してきたスティーブ・トレバーと出会うことに。

男性と初めて会ったダイアナは、彼をきっかけに自分の知らなかった悲惨な現実を知ってしまう。

そして外の世界で起きていた戦争を止める為に、スティーブとともにロンドンへと向かう。

スタッフ/キャストについて

パティ・ジェンキンス監督

今作を務めるのは、今作で長編映画二作目となるパティ・ジェンキンス監督。

初監督作品となった『モンスター(2003)』は、86年のフロリダを舞台に、実際に存在したアメリカ史上初の女性連続殺人犯を描いた物語。

アカデミー主演女優賞を受賞など、様々な賞を総なめし世界的にも評価されたことでも話題になりました。

ヒーローと殺人犯で一見全く違う作品のようにも見えますが、家庭環境から歪んだ考えを持って殺人犯となった人物を見事に描いたからこそ、“社会に対する女性の立場”を描いた今作が世界的ヒットに繋がった理由の一つかもしれませんね。

パティ・ジェンキンス監督が答えたインタビューについて
まとめ記事はこちらをクリック!

キャスト

今作で主演ワンダーウーマンを演じるのは、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』から続投のガル・ガドット。

ガル・ガドットが答えたインタビューについて
まとめ記事はこちらをクリック!

ワンダーウーマンが住む女性だけの島に不時着したスティーブ・トレバーはリブート版『スター・トレック』のカーク船長としても有名なクリス・パイン。

クリス・パインが答えたインタビューについて
まとめ記事はこちらをクリック!

その他にも、大人気Netflixドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』での演技が大絶賛されているロビン・ライトや、『ハリーポッター』シリーズのルーピン先生役としても有名なデビッド・シューリスなど話題のキャストも多数出演しています。

作品情報について

ワンダーウーマンとスティーブ・トレバーの関係

ダイアナ(ワンダーウーマン)とスティーブ・トレバーの関係を、パティ監督が参考にしたのは1984年に公開された『ロマンシング・ストーン/秘宝の谷』だったとのこと。

その話を聞いたクリス・パインは、パティ監督が作る今作に出演する一つにきっかけになったのだとか。

今見ると細かい部分に突っ込みたくなる力技で展開していく『ロマンシング・ストーン/秘宝の谷』ですが、主人公ジョーン・ワイルダー(キャスリン・ターナー)の危機に巻き込まれるジャック・コルトン(マイケル・ダグラス)の2人の関係を、今作をきっかけにもう一度見てみたいですね。

参考:公式パンフレット

『ワンダーウーマン』出典:http://www.imdb.com/title/tt0451279/mediaviewer/rm3412724224

DCEUカテゴリの最新記事