【インタビューまとめ】『ワンダーウーマン(2017)』ガル・ガドット

【インタビューまとめ】『ワンダーウーマン(2017)』ガル・ガドット

『ワンダーウーマン』
まとめ記事は、こちらをクリック!

世界中の大ヒットに遅れて、日本で2017年8月25日にやっと公開される『ワンダーウーマン』。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にて初登場した際には、主役の二人から数分の出演時間で話題をさらった女性戦士“ワンダーウーマン”を主役とした今作。

この記事では、今作の大ヒットを受けてハリウッドに確固たる地位を築いたワンダーウーマン役のガル・ガドットの『ワンダーウーマン』に関するインタビューをまとめていきたいと思います!

Gal Gadotさん(@gal_gadot)がシェアした投稿

女優を諦めかけていた時に出会った“ワンダーウーマン”

『ワイルド・スピード』シリーズのジゼル役として人気出るも、その後はハリウッドのオーディションに何度も落とされ続け失意の底にいたガル・ガドット。

そんな時に話が来たのが、作品の内容について知らされなかったザック・スナイダー監督作品のオーディションだったようです。

とりあえずオーディションだけ受け故郷イスラエルに戻ったガル・ガドットは、その後同じザック・スナイダー監督作品のカメラテストに再度呼ばれますが、落とされることにうんざりだったためにその気はないと断りました。

しかし、その2日後にザック・スナイダー本人から“ワンダーウーマン役”として誘われたことをきっかけに、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』への出演が決まったとのこと。

今でこそワンダーウーマンとしても世界的に有名になったガル・ガドットですが、その勝ち抜いたオーディションを受けた当時は女優を諦めようとしていた時だった、と聞くと人生ほんと何が起きるかわからないですね。

(参考:公式パンフレット)

“ワンダーウーマン”の魅力について

男性ヒーローにはない魅力を持っていると語るガル・ガドットは、“ワンダーウーマン”が今までにないパワフルな女性戦士だと答えていました。

その理由は、男性ヒーローはパワーと結びつくいことが多いですが、思いやり、愛、エモーショナルな知性など女性的な部分もワンダーウーマンはしっかり持っているから、とのこと。

男性ヒーローに負けない強さと同時に、女性の誰もが持ってる繊細さを兼ね備えている“ワンダーウーマン”だからこそ、他のヒーローにはない素晴らしい魅力ですよね。

“ワンダーウーマン”を演じる上で意識したこと

世界中の人に共感できるワンダーウーマンにしたかったガル・ガドットは、“欠点を見せ、完璧な女性じゃない”ところをみせることを特に意識した、とのこと。

屈強な男も打ち負かすほど強い力を持っていたり、何百通りの言語を話せるほど知性も高いワンダーウーマンですが、育ってきた島を出たことが無かった彼女の知っている世界はすごく狭い。

だからこそ、外の世界に出たワンダーウーマンが場違いな発言や言動を繰り返すことで“完璧じゃない”部分が人間味あふれるキャラクターとして多くの人に受け入れられた、と語っていました。

(参考:公式パンフレット)

この映画で気付いて欲しい、シンプルな大切な物

SNSで繋がることも多いネット社会の現代で、みんなが持っている車や服、そしてどこ行ったかなどばかり気にしていることについて語ったガル・ガドットは、

この作品を通して、希望や愛などもっとシンプルな価値観でもっとも大切な事を思い出して欲しいと語っていました。

女性だけの島で育ってきたダイアナが、ある日その島に漂流したスティーブ・トレバーと出会ったことで始まる今作は、

自分が知らなかった外の世界を知っていくうちに、様々な大切なことに気付く物語になっているので、誰もがかつては持っていた夢や希望などについて、今一度考えさせられる作品になるのではないでしょうか。

今までになかった強い女性の見本となる作品

映画作品として小さい頃から多くの人を魅了してきたヒーローと言えば、スパイダーマンやバットマン、スーパーマンなど男性キャラが多いですよね。

歴史が古いアメコミの中でも、強い女性のアイコンとして1941年から活躍していた“ワンダーウーマン”が、今までに映画化されていなかったことにガル・ガドットは強い疑問を持っていたそうです。

それが子供にとっての“強い女性の見本”となる今作が出来た事は、すごく重要な出来事だと語っていました。

日本では『セーラームーン』や『プリキュア』シリーズなど、多くの女性が憧れる強い女性像というものがありますので、

それを映画でやった“ワンダーウーマン”が、世界中で受け入れられたことも頷けますよね。

『ワンダーウーマン』出典:http://www.imdb.com/title/tt0451279/mediaviewer/rm925643520

『ワンダーウーマン(2017)』記事まとめ

DCEUカテゴリの最新記事