『スパイダーマン:ホームカミング(2017)』メインキャストまとめ

『スパイダーマン:ホームカミング(2017)』メインキャストまとめ

『スパイダーマン:ホームカミング』
まとめ記事はこちらをクリック!

マーベル・シネマティック・ユニバース(以下、MCU)を舞台に新たにスパイダーマンの物語が描かれる『スパイダーマン:ホームカミング』。

その大きな魅力をもった今作では、MCUならではのキャスト、オスカー俳優、キラキラした若手俳優など幅広いキャストが出演しています。

この記事では『スパイダーマン:ホームカミング』の登場人物/キャストについてまとめました!

ピーター・パーカー(スパイダーマン)/トム・ホランド

勉強もできて運動神経も抜群の高校二年生で、スパイダーマンとして町の平和を守る新人ヒーローとなったピーター・パーカー。

今作では新しいスーツで活動を始めるも、市民を危険にさらしたことでアイアンマンにスーツを取り上げられてしまう科学オタク。

演じるのは、歴代スパイダーマンでも断トツの若さを誇る期待の若手俳優トム・ホランド。

高い評価を受けた『インポッシブル』で異国の地で災害に巻き込まれた家族の長男役でもかなり印象に残る素晴らしい演技をしていましたね。

トム・ホランドがインタビューなどで答えた
‟今作への想いや感じたこと”についてのまとめ記事

ネッド/ジェイコブ・バタロン

あることをきっかけに親友のピーターの正体を唯一知る人物。

コンピューターなど電子機器に詳しく、スパイダーマンとして活動するピーターを支える相棒としても活躍していました。

演じるのは、ハワイ出身の超若手俳優ジェイコブ・バタロン。

誕生日が5日違いのトム・ホランドとは撮影を通じて親友になったそうで、私生活の仲の良さが作品にも現れていましたね。

リズ/ローラ・ハリアー

学校一の美女で、ピーターも好意を抱いているリズ。

ピーターも参加している全米学力コンテストに挑戦するチームのリーダーも務める、人気と実力を兼ね備えた何もかもが完璧な少女。

演じるのは、有名ファッション誌などのモデルとしても有名なローラ・ハリアー。

今作で高校生とは思えないほどの妖艶さを放っていたローラですが、こういう女性って学年に一人いますよね笑

ミシェル/ゼンデイヤ

ピーターの同級生で、全米学力コンテストに挑戦するチームにも参加している少女ミシェル。

変わり者で友達もいないミシェルですが、ピーターには興味がある謎が多い少女。

演じるのは、ディズニーチャンネルのスーパースター“ゼンデイヤ”。

数々のディズニーチャンネルのドラマで主演を務めたことで若者に絶大な人気を誇るゼンデイヤですが、今作は謎多き女性として役どころの難しい女性を好演していましたね。

トニー・スターク(アイアンマン)/ロバート・ダウニー・Jr

スパイダーマンの可能性を感じ、新たなスーツを製作し与えたベテランヒーロー‟トニー・スターク”。

今作ではヒーローになりたてのピーターを先導する師匠であり、親にも近い見守る立場として存在感を放っていましたね。

シビルウォーで心に大きな傷を負ったトニーにとってピーターは、仲間以上のかけがえのない存在として大きな愛を感じたところは心にぐっとくるものがありました。

演じるのは、もちろんこの方ロバート・ダウニー・Jr。

マーベル・シネマティッく・ユニバース(MCU)の始まりである2008年に公開された第一作目『アイアンマン』から常にMCUの中心で活躍し続けるハリウッドのトップスターですね。

ハッピー・ホーガン/ジョン・ファヴロー

『アイアンマン3』以来の登場となった、トニーの運転手ハッピー。

今作ではピーターの世話係にも嫌々任命させられていましたが、今作ではすごく良い役回りでしたね。

演じるのは、『アイアンマン』シリーズからの続投“ジョン・ファヴロー”。

俳優のみならず『アイアンマン』の2作、『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』『ジャングル・ブック』など高い完成度を誇る作品の監督など、マルチな才能を発揮している自分も大好きな大好きな俳優です。

メインヴィラン

エイドリアン・トゥームス(バルチャー)/マイケル・キートン

がれき撤去作業をメインとした企業を営んでいたが、政府とスターク・インダストリーズが共同設立した‟ダメージ・コントロール局”によって仕事を失ったことをきっかけに暗躍する今作のヴィラン‟トゥームス”。

養う家族のため、仕事を失った部下の為に悪行に手を染めてしまう心優しい男。

演じるのは、1989年と92年のバットマン役としても有名で、2014年『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』での演技が高い評価を得たマイケル・キートン。

過去の栄光にすがる主人公を演じた『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』は、バットマン以降仕事に恵まれなかったマイケル・キートンだからこそできた渾身の演技ですごく圧倒された作品としてすごく印象的でした。

『スパイダーマンホームカミング』出典:http://www.imdb.com/title/tt2250912/mediaviewer/rm4267969024

『スパイダーマン:ホームカミング(2017)』記事まとめ

MCU作品カテゴリの最新記事