『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(2018)』【まとめ】最強の敵“サノス”VS最強チーム“アベンジャーズ”!

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(2018)』【まとめ】最強の敵“サノス”VS最強チーム“アベンジャーズ”!

この記事で情報まとめる作品は、

 

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』

本国より一週間早い2018年4月27日に公開予定されるこちら。

アベンジャーズシリーズ第三弾となる今作は、それぞれの作品にも度々登場した、史上最強の敵サノスがヴィランとなってヒーローたちの前に登場することがすでに発表されています。

後に公開される『アベンジャーズ4(仮題)』(2019年公開予定作品) の内容とも密接していることから、この二作が過去描いてきたマーベル・シネマティック・ユニバース(以下、MCU)の大きな節目となる、ともいわれ全世界が大注目している作品ですね。

この記事では、『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』について公開された情報をまとめていますので、ぜひご参考に!(情報は随時追加していきます)

登場人物(キャスト)/スタッフについて

アンソニー・ルッソ監督
ジョー・ルッソ監督

MCU全体の大きな節目となる今作を務めるのは、アンソニー・ルッソ監督とジョー・ルッソ監督(以下、ルッソ兄弟監督)。

MCU作品として初めて手掛けた『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014)』では、いまだにMCU最高傑作と呼ぶ人も多いほど、圧倒的なクオリティーを誇る作品をつくりました。

そして、続く『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ(2016)』でルッソ兄弟監督の手腕がまぐれではないことを証明しました。

「この人にしてもらいたかった」と言う人はいるかもしれませんが、MCUにとって最も大切な作品となる今作にルッソ兄弟監督に異論を唱える人はいないのではないのでしょうか。

今作が素晴らしい作品となることは、ルッソ兄弟監督が証明してくれるでしょう。

メインキャスト

映画史上最大の豪華キャストが集うと言われている今作。

アベンジャーズとして活躍してきたアイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、ソー
(クリス・ヘムズワース)、ハルク(マーク・ラファロ)、ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)、ホークアイ(ジェレミー・レナー)の5人はもちろん、

脳外科医から魔術師となったドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)、アイアンマンからもらったスーツで新人ヒーローとなったスパイダーマン(トム・ホランド)、物体の大きさを変化するピム粒子を使って戦うアントマン(ポール・ラッド)、国王として伝統的に引き継がれるブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)など新たに生まれたヒーローを加えた地球で活動するヒーローが全て集まり

宇宙で活躍していたスター・ロード(クリス・プラット)率いる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』チームまで合流する一大勢力となってヴィランに立ち向かう事が発表されていますね。

迎え撃つサノス役にはジョシュ・ブローリンが続投することも決まっています。

Mark Ruffaloさん(@markruffalo)がシェアした投稿

2017年夏に開かれたディズニーが主宰するD23では、今作のプロモーションとして豪華な出演者が登壇しました。

すごいのが、ここに登壇しているのは出演者の一部ということ。

これから公開される予告なども含めて、MCU最大のお祭り映画としても期待したいですね。

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』

『アベンジャーズ』カテゴリの最新記事