『マイティ・ソー/バトルロイヤル』【あらすじ】“雷神様”最後の勇姿

『マイティ・ソー/バトルロイヤル』【あらすじ】“雷神様”最後の勇姿

『マイティ・ソー バトルロイヤル』
まとめ記事はこちらをクリック!

アベンジャーズの中心メンバーとして、地球の危機を2度も救った雷神“ソー”。

彼を主役とした『マイティ・ソー』シリーズの第三弾で、完結編となるこちら。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』

『マイティ・ソー/バトルロイヤル』

突然現れた死の女神“ヘラ”の持つ圧倒的な力に敗北したソーが、かつての同志ハルクや新しい仲間ヴァルキリーとともにアスガルドを取り返すお話。

今作では、大切な武器であるハンマー“ムジョルニア”はヘラに破壊され、飛ばされた異国の地“惑星サカール”ではトレードマークだった長髪をばっさり切られるなど、ファンには衝撃的な展開もたくさんあった今作。

北欧神話に基づく重厚感あるストーリーを描いた過去のシリーズから雰囲気をがらっと変え、多くの場面で笑いを取り入れアップテンポでスピーディーな物語展開も今作の大きなポイント。

今回は、そんな『マイティ・ソー/バトルロイヤル』の“あらすじ”を、この記事でまとめました!

 


【注意】

こちらの記事では『マイティ・ソー/バトルロイヤル』の内容/結末に関する重要なネタバレが書かれています。
ご覧になる方は、ご注意ください。

【注意】


 

 

 

 

 

あらすじ

オーディン救出のために、地球に向かうソー

ソーとロキウルトロンとの戦い(『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』)を終えたソーは、 インフィニティ・ストーンの調査のため、宇宙各地を回る旅に出ていた。しかし有力な手がかりをつかめなかったソーは、約2年ぶりの故郷アスガルドに帰還する。

だが、久しぶりのアスガルドにかつての雰囲気はなく、異変を感じたソーは、国王である父オーディンに化けていたロキの存在を見抜く。そして、ロキの仕業によって、父オーディンは記憶を消され地球に追放されていることを知ったソーは、ロキとともに地球へと向かう。

そんなソー達を地球で待ち構えていたのは、オーディンを保護していたドクター・ストレンジ

ストレンジの手によってすでに記憶を取り戻していたが、生命力が弱まっていたオーディンは、再開したソーとロキにアスガルド終末の日“ラグナロク”が近付いていることを告げると、そのまま2人を残して息を引き取ってしまう。

父を失った二人の前に現れた死の女神“ヘラ”

ヘラ偉大な父オーディンを失った悲しみに包まれている2人の前に、突如現れたのが死の女神“ヘラ”

オーディンの最初の子として生まれたヘラは、かつてオーディンとともに他国との戦いを制し、アスガルドの創建に大きな貢献をした人物の一人。しかし、強力な力を持つヘラは、やがてアスガルドの支配を企むようになった。

オーディン自らの手でヘラを封印することによって、その目論みは阻止されるも、オーディンの死によってヘラは自由を手にしてしまったのだ。

こうして二人の前に復活したヘラは、ソーが投げたムジョルニアをいとも簡単に破壊し、二人を宇宙空間の彼方まで飛ばしてしまう。そのまま地球とアスガルドを繋ぐ橋“ビフレスト”を使ってアスガルドに侵入したヘラは、あっという間に傭兵たちを打ち倒し、アスガルドを制圧してしまう。

惑星サカールに漂着したソー

ロングヘアのソーヘラとの圧倒的な力の差に敗れ、遠くの地まで飛ばされていたソーが漂着したのは、宇宙空間のゴミが集まると言われている“惑星サカール”

そこで奴隷として捕まえられてしまったソーは、この惑星を支配しているグランドマスターから、“バトルロイヤルで勝者になったら自由にする”ことを告げられる。

一方、時空のゆがみから先に惑星サカールに着いていたロキは、得意の話術でグランドマスターに取り入っていたことで悠々自適な生活を送っていた。

グランドマスター主催“バトルロイヤル”

グランドマスターロキに助けを求めるも全く協力してくれないため、グランドマスターが主催するバトルロイヤルで勝者となってアスガルドへ向かうことを決めたソー。

そして、意を決して出場したバトルロイヤルでソーの前に対戦相手として現れたのが、現チャンピオンとなっていたハルクだった。

まさかの対戦相手にソーは、アベンジャーズの仲間であるハルクとの再会に喜ぶも、ブルース・バナーとしての自覚を失っていたため、結局戦う羽目になってしまう。

ヘラに支配されるアスガルド

ヘイムダルアスガルドの支配に成功したヘラは、更なる野望として9つの世界全体の支配を企む。

しかし、ここで食い止めたのが、ロキが装っていた国王オーディンへの反逆罪としてアスガルドの門番を追放されていた“ヘイムダル”

全てを見通す目“千里眼”で、いち早くこの危機に気付いていたヘイムダルは、ビフレストを動かす為のカギとなる剣を奪い、多くの民を安全な場所で匿っていた。

ヘラへの復讐を誓い“リベンジャーズ”結成!

リベンジャーズハルクと壮絶な戦いを繰り広げるも、グランドマスターによる中断でバトルロイヤルを終えたソーは、その後ハルクが地球を出るときに使っていた宇宙船“クインジェット”を見つける。そこに残っていたブラックウィドウのビデオデータをつかって、2年間ぶりにハルクの姿からブルース・バナーに戻すことに成功する。

そしてアスガルドで起きた出来事をバナーに伝えたソーは、ヘラへの復讐のため、さらなる仲間達を募ることに。その第一候補となったのが、惑星サカールに不時着した時に奴隷としてソーを捕えた女戦士のヴァルキリー

アスガルド人であるヴァルキリーは、かつてアスガルドの王に仕える精鋭部隊の一人だったものの、ヘラの手によって部隊を壊滅させられ、たった一人だけ生き延びていた人物。

たどり着いたサカールで何不自由ない生活を送っていたヴァルキリーだったが、ソーの説得により自分の過去と向き合うことを決め、仲間の仇を取るためにソーとハルクとともに、ヘラの野望を止めるチーム“リベンジャーズ”を結成する。

結末

サカールを抜けだし、アスガルドへ

ヘラに立ち向かうリベンジャーズグランドマスターの宇宙船を使って惑星サカールを抜けだすことに成功したリベンジャーズは、ヘラに追い詰められていたヘイムダルのもとへ駆けつける。そしてヘラとの一騎打ちに挑むソーは、能力を最大限に開放した覚醒状態となるも、圧倒的な力の前に全く歯が立たない。

ヘラの進攻をなんとか食い止めることで精一杯だったソー、ハルク、ヴァルキリーと、行き場を失っていた国民の前に現れたのが、ソーの後を追って巨大な宇宙船に乗っていたロキとサカールを脱走したサカールの反乱軍たち。

ロキの宇宙船で国民の避難に成功するも、宇宙船を狙うヘラを抑えることに限界を感じたソーは、ある作戦を思いつく。

それは、オーディンがアスガルドに保管していた”永久の炎“と“兜”を組み合わせることで生まれる巨大な炎の巨人“スルト”を復活させ、ヘラと衝突させる、というもの。

アスガルドの民を乗せて地球へ!

ブルースとソースルトとヘラとの衝突による隙に、国民を乗せた宇宙船でソー達はなんとかアスガルドからの脱出に成功する。

「アスガルドは場所ではなく、国民のいる場所こそが“アスガルド”だ」という父の言葉を胸にソーは、アスガルドの新国王となることを決意。

そして、ソーは地球に向かうことを決める。

『マイティ・ソー/バトルロイヤル』

『マイティ・ソー』カテゴリの最新記事