【まとめ】映画『アイアンマン2』気になる作品情報をピックアップ!

『アイアンマン2』

『アイアンマン2』

アベンジャーズなどが活躍する世界観を舞台に描く、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバスース)の第3弾、そして『アイアンマン』シリーズ第2弾となる映画作品。

主人公はシリーズ前作同様、ヒーロー“アイアンマン”として活躍する天才物理学者トニー・スターク

アイアンマンとして世間の注目を浴びていたトニー・スタークが、独りで抱えていた大きな問題との心の葛藤と、乗り越えていく成長が描かれていました。

このページでは、『アイアンマン2』について情報をまとめたいと思います!

◆作品データ◆

・原題:『Iron Man 2』
・米国公開日:2010年5月7日
・日本公開日:2010年6月11日
・上映時間:124分

 

スポンサーリンク

あらすじ

自らが“アイアンマン”であることを告白したトニー・スタークは、世間から絶大な支持を得る存在になるも、その一方で胸にはめられたアーク・リアクターが発する毒によって体が蝕まれていたことを誰にも打ち明けられずにいた。

次第に過激化していく行動に愛するペッパーや、親友のローディからも見捨てられてしまったトニーの前に現れたのが、S.H.I.E.L.D.に所属するニック・フューリーと名乗る人物。

また、大企業のCEOとしてトニーをライバル視していたジャスティン・ハマーは、スターク家と因縁のあるロシアの科学者イワン・ヴァンコの存在を知り接触を試みる…。

出演者

主人公トニー・スターク役には、シリーズ前作から続投するロバート・ダウニー・Jr

ロバート・ダウニー・Jr

シリーズ前作『アイアンマン』が大ヒットしたことによって、トニー役を見事にものにしていたロバートですが、今作ではトニーの孤独な一面などより深い内面を魅力的に演じていました。

ヒロインのペッパー・ポッツ役にはグウィネス・パルトローがシリーズ前作から引き続き続投しましたが、前作から再び登場するトニーの親友ローディ役はテレンス・ハワードが降板したことにより、新たに『オーシャンズ』シリーズで有名なドン・チードルが務めることに。

また、S.H.I.E.L.D.に所属するニック・フューリー役にサミュエル・L・ジャクソンフィル・コールソン役にクラーク・グレッグらが続投し、後にアベンジャーズのメンバーとして活躍する初登場のナターシャ・ロマノフ役としてスカーレット・ヨハンソンが出演しました。

トニーを勝手にライバル視するジャスティン・ハマー役には『スリー・ビルボード』(2017)でアカデミー賞助演男優賞を受賞したサム・ロックウェル、スターク家への恨みを父から受け継いだイワン・ヴァンコ役に様々な話題作に出演しながら一時期プロボクサーとしても活躍していたミッキー・ロークが務めました。

[adchord]

制作スタッフ

今作の【監督】を務めるのは、シリーズ前作『アイアンマン』を大ヒットさせ、今作でもトニーのボディーガードであるハッピー役として出演するジョン・ファヴロー

ジョン・ファヴロー

もともと1作目の時から、3部作の構想を持っていたことをインタビューで明かしていたファヴロー監督ですが、今作は『アイアンマン』シリーズ作品でありながら、後の作品『アベンジャーズ』の伏線も散りばめられた複雑な設定を見事に1つの物語として完成させました。

【製作】にはMCU作品全てを統括するケヴィン・ファイギ、【音楽】には『ザスーラ』(2005)などファヴローと何度も仕事を共にしたジョン・デブニーが担当しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました