【まとめ】映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』気になる作品情報をピックアップ!

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』

“アベンジャーズ”などが活躍する世界観を舞台に描く、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバスース)の第5弾、そして『キャプテン・アメリカ』シリーズ第1弾となる映画作品。

主人公は強い愛国心を持つ青年スティーブ・ロジャース。

病弱な体質を理由にアメリカ軍に入ることが許されなかったスティーブ・ロジャースが、強い愛国心が認められ参加した軍の極秘実験によって超人兵士として生まれ変わる姿が描かれました。

このページでは、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』について情報をまとめたいと思います!

◆作品データ◆

・原題:『Captain America:The First Avenger』
・米国公開日:2011年7月22日
・日本公開日:2011年10月14日
・上映時間:124分

 

スポンサーリンク

あらすじ

第二次世界大戦時のアメリカ、強い愛国心を持つ青年スティーブ・ロジャースは自ら軍に何度も志願するも、肉体的な弱さから入隊を拒否されていた。

そんな彼の姿を見ていたアメリカ軍のエイブラハム・アースキン博士は、自身が参加していた「スーパーソルジャー計画」の被験者に抜擢することを決める。

超人血清が投与されたことで、限界まで身体能力が高められた超人兵士として生まれ変わったスティーブは、ヒーロー“キャプテン・アメリカ”となって戦争の最前線へとおもむく…。

出演者

主人公スティーブ・ロジャース役には、同じマーベル・コミックを原作としたアメコミ映画『ファンタスティック・フォー』シリーズでヒューマン・トーチ役を演じたクリス・エヴァンス

ヒロインのペギー・カーター役にはヘイリー・アトウェル(『ある公爵夫人の生涯』’08)、スティーブの親友バッキー・バーンズ役にはセバスチャン・スタン(『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』’17)。

スーパーソルジャー計画の中心人物エイブラハム・アースキン役にスタンリー・トゥッチ(『ハンガー・ゲーム』シリーズ)、スーパーソルジャー計画をサポートし、トニー・スタークの父親でもあるハワード・スターク役にドミニク・クーパー(『マンマ・ミーア!』シリーズ)、アメリカ軍の軍司令官チェスター・フィリップス大佐役にトミー・リー・ジョーンズ(『逃亡者』’93)。

また、アメリカ軍と敵対する組織“ヒドラ”の首領ヨハン・シュミット役にはヒューゴ・ウィーヴィング(『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ)、シュミットの片腕として活躍する科学者アーニム・ゾラ役にトビー・ジョーンズ(『ジュラシック・ワールド/炎の王国』’18)らがそれぞれ務めました。

またサミュエル・L・ジャクソン演じるS.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリーも再登場しました。

[adchord]

制作スタッフ

今作の【監督】を務めるのは、『ジュマンジ』(‘95)や『ジュラシック・パークIII』(‘01)など多数の有名作品を作ってきたジョー・ジョンストン。

現代に馴染めず苦悩しながらもアベンジャーズとして活躍していくスティーブ・ロジャースの、アイデンティティが詰まった『キャプテン・アメリカ』シリーズの一作目として見事な物語に仕上げました。

【製作】にはMCU作品全てを統括するケヴィン・ファイギ、【音楽】には『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(‘85)から『レディ・プレイヤー1 』(‘18)など近年の作品まで有名作品の数々を手掛けてきたアラン・シルヴェストリが務めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました