【まとめ】映画『アイアンマン3』気になる作品情報をピックアップ!

『アイアンマン3』

『アイアンマン3』

“アベンジャーズ”が活躍する世界観を舞台に描く、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバスース)の第7弾、そして『アイアンマン』シリーズ第3弾となる映画作品。

主人公はシリーズ前作同様、ヒーロー“アイアンマン”として活躍する天才発明家トニー・スターク

“アベンジャーズ”の一人として世界を守ったトニー・スタークが、宇宙からの侵略者との戦いによって生まれた苦悩との戦いが描かれていました。

このページでは、映画『アイアンマン3』について情報をまとめたいと思います!

◆作品データ◆

・原題:『Iron Man 3 』
・米国公開日:2013年4月26
・日本公開日:2013年5月3日
・上映時間:130分

[adchord]

スポンサーリンク

あらすじ

ニューヨークの戦いから1年、宇宙に自分たちよりも強大な存在がいることを知ったトニーは、ラボに閉じこもって大量のアーマーを作り続けていた。

アメリカの各地で爆発事件を起こすテロリスト組織“テン・リングス”によって、友人のハッピーが重傷を負ったことを知り、テレビカメラの前でテロリストに自ら宣戦布告する。

しかし挑発されたテン・リングスの猛攻撃を受けたトニーは、家も仕事場も、すべてが破壊されてしまう…。

出演者

主人公トニー・スターク役には、シリーズ前作から続投するロバート・ダウニー・Jr

さらにトニーが愛するペッパー・ポッツ役のグウィネス・パルトロー、親友ローディ役のドン・チードル、友人ハッピー役のジョン・ファヴローらがそれぞれ続投しました。

また、トニーに対する恨みを持っていたアルドリッチ・キリアン役をガイ・ピアース(『メメント』‘00)、キリアンのもとで働く植物学者マヤ・ハンセン役をレベッカ・ホール(『アウェイクニング』‘11)らが新キャストとして参加しました。

エンドクレジットには、『アベンジャーズ』からマーク・ラファロが演じるブルース・バナー(ハルク)が登場しました。

制作スタッフ

今作の【監督】を務めたのは、ロバート・ダウニー・Jrが主演を務めた『キスキス,バンバン』(‘05)で監督を務めたシェーン・ブラック

『アベンジャーズ』の出来事をきっかけに心の病にかかってしまうという、ヒーローとして活躍していた頃からは想像できない衝撃的なトニーの姿を見事に表現し、天才発明家に隠された人間的な部分を感じることができる作品に仕上げました。

【製作】にはMCU作品全てを統括するケヴィン・ファイギ、【音楽】には『ワイルド・スピード』や『エクスペンダブルズ』などの人気シリーズを手掛けるブライアン・タイラーが担当しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました