【まとめ】映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』気になる作品情報をピックアップ!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

“アベンジャーズ”が活躍する世界観を舞台に描く、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバスース)の第15弾、そして『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ第2弾となる映画作品。

主人公はシリーズ前作同様、宇宙を渡り歩くトレジャーハンタ一“スター ロード”ことピーター・クイル。

突然現れたピーターの父“エゴ”との出会いをきっかけに、更なる試練に立ち向かう“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”の活躍が描かれました。

このページでは、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』について情報をまとめたいと思います!

◆作品データ◆

・原題:『Guardians of the Galaxy Vol. 2』
・米国公開日:2017年5月5日
・日本公開日:2017年5月12日
・上映時間:136分

 

スポンサーリンク

あらすじ

惑星ソヴリンの指導者アイーシャから、アニュラクス・バッテリーを守るためにアビリスクと呼ばれる怪獣を倒す依頼を受けていたガーディアンズ。

任務を無事に成功させたガーディアンズだったが、一守るはずのアニュラクス・バッテリーの一部をロケットが盗んでいたことが発覚し、ソヴリンの艦隊から総攻撃を受けてしまう。

この危機的状況に陥ったガーディアンズを救ったのは、“ピーター・クイルの父”と名乗る人物だった…。

出演者

主人公ピーター・クイル役は、シリーズ前作から続投するクリス・プラット

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーからガモーラ役にゾーイ・サルダナドラックス役にデイヴ・バウティスタロケットの声優をブラッドリー・クーパーベビー・グルート(グルート)の声優をヴィン・ディーゼル

宇宙海賊“ラヴェジャーズ”を率いるヨンドゥ・ウドンタ役にマイケル・ルーカー、ヨンドゥの側近の一人クラグリン・オブフォンテリ役にショーン・ガン、ガモーラの義妹ネビュラ役にカレン・ギランなどがそれぞれ続投。

ピーター・クイルの父エゴ役にカート・ラッセル(『ワイルド・スピード』シリーズ)、エゴの世話係を務めるマンティス役にポム・クレメンティエフ(『オールド・ボーイ』’13)、惑星ソヴリンの指導者アイーシャ役にエリザベス・デビッキ(『コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)』’15)らが新キャストとして参加しました。

またヨンドゥの恩人であり、ラヴェジャーズの全隊の伝説的リーダーとして新たに登場したスタカー・オゴルド役をシルヴェスター・スタローン(『ロッキー』シリーズ)が演じました。

制作スタッフ

今作の【監督】を務めたのは、シリーズ前作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』から続投したジェームズ・ガン

今作ではバラバラに活動する場面も多いガーディアンズたちが、新たに登場したキャラクターとの出会いをきっかけに、メンバーの内面の葛藤や深い絆を描きながら、前作よりも増えた笑いどころにジェームズ・ガンの音楽センスが加わった絶妙なバランスの作品に仕上げました。

【製作】にはMCU作品全てを統括するケヴィン・ファイギ、【音楽】はシリーズ前作から続投したタイラー・ベイツが務めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました